標津町観光協会スタッフブログ: ブルガリア、インド、USA・・・

2014年2月12日水曜日

ブルガリア、インド、USA・・・

首都圏に在住する、世界各国からの留学生の冬の受け入れ事業は5回目となる。




今回は、ブルガリア、アメリカ、インド、台湾、など7ヶ国の出身者が5泊6日標津に滞在し、冬のアクティビティや地域の皆さんとの交流を楽しむ。

共立国際交流奨学財団という全国チェーンのホテルなどを経営する会社がオーナーとなっており、北海道では函館、網走、稚内への派遣を行っており、そこに標津町も参入していることになる。



初日は、サーモン科学館の人気アトラクション、チョウザメの口パク体験に歓声が上がっていた。


展望台からは国後がはっきり見え、沖から野付半島まで、帯状の流氷が連なっており、絶景に感動!!


「シベツハナニガメイブツデスカ!!」と夕食を楽しみしていた。

by  kinchan







0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。