標津町観光協会スタッフブログ: 12月 2013

2013年12月30日月曜日

すべり込みセーフ!で

 
12月30日現在


1月1日オープンが危ぶまれていた金山スキー場は、ここ数日の降雪により、オープン出来ることとなった。


急ピッチの圧雪作業により第一リフトのみの運行になるが、お正月をこちらで過ごす、本州の方々も地元に宿に滞在しスキーを愉しむという。



10日前の様子
まずは、よかった!よかった!


サーモン科学館は1月1日~5日まで、昨年より2日延長しての営業。 うま年にちなみ馬ももいるとか!記念撮影OKだそう。

by kinchan

2013年12月19日木曜日

山は白銀♪朝日を浴びて♪ーアレ

現在のスキー場
安全祈願祭の模様
滑るスキーの風切る速さ ♪ ♪ ♪・・・ご存知の唱歌「スキー」である。

20代後半の同僚は知っているとのことだが、もう少し若くなると首を傾げてしまう。

ゲレンデをスキーで滑走、どこからともなく、このフレーズが流れてきたようなそんな記憶があるのは、小生だけであろうか?

それにしても白銀とは、ほど遠い当金山スキー場である。

しかし、安心されたし例年、クリスマス前後にまとまった降雪があり、1月1日滑り込み(スキーだけに)オープンの運びとなるからである。

観光素材の少ない当町にあって力強い観光施設の一面もある。

洒落たカフェこそないものの、町の食堂が運営する食堂も同時にオープン。冷えた体をホットにしてくれるメニューもあり!

お正月番組を見ながらミカンをほお張るのも一つだが、国後島を望むシルキースノーの金山で過ごすのもベリーグッドな選択かも知れない。

♪お^おーォこの身も♪♪  ららららランランラン


祈願祭には20名以上の関係者が列席
by  kinchan


2013年12月17日火曜日

リコーダーの優しい音色・・・・・

全道リコーダーコンテストに、出場が決定した町内川北中学校標津高校の部員が、町民への感謝と出場報告のため、町役場でロビーコンサートを行った。

演奏の様子から普段、一生懸命に練習を積み重ねた様子が見てとれる。


忙しい年の瀬に心安らぐほんわかとしたプレゼントだ!

町民の皆さんや職員より大きな拍手が沸きあがる。


標津高校は数年前全国で「花村賞」というNO1の賞をいただいたこともある。伝統の力で川中・標高揃って全国コンテストに駒を進めてほしいものである。

キラリと光る演奏を願ってやまない! 

観光もそうあれば良いがと、今年を内省の局長である。



それにしても
 この音色、サンタに届いただろうか?   
 
                                                                                                       by  kinchan






2013年12月5日木曜日

人気の秘湯、川北温泉は・・・

ひっそりたたずむ川北♨
地元の人達のみならず、観光客からも人気の秘湯川北温泉であるが、本年はとうとう、開放することが出来なかった。

林道の決壊により通行規制が布かれたことによる影響で、管理する♨愛好会の皆様も断念せざるを得なかったからである。

我々も今シーズンは一度も現地を訪れていなかったこともあり、圧雪になる前にと本来通行できない林道ルートから、現地調査に赴いた。

温泉道は国が管理するものと町が管理する道路があり、大きく決壊しているのは国管理のものであるが、何と町が管理する道もかなりのダメージをおっていた。
かなり大きくダメージを受けいている町管理の道路
来年の営業については未だ結論に至っていないが、全てをクリアにするのは、かなり厳しい実情であるなと直感した。


さてさて、調査に赴いた3名(局長・係長・企業の方)周りも薄暗くなりそこそこに帰路につこうと4輪駆動のバンに乗り込んだ! 

軽快なエンジン音とともに出発!

え?・・車が動かない?
後から分かったことだがミッション異常、(自転車で言うとチェンが外れたような状況)であった。
体力消耗フラフラの局長!
携帯は通じない。

ヒグマの生息域であるが幸い、鈴は携行していた。「歩くしか無いべ!」上り坂の林道をひたすら歩く、歩く、息切れ・動悸、マラソンの42キロを走ったことはないが、マラソンランナーが経験する恐らく37キロ過ぎの苦しさでないかと思うくらいであった。

 



地熱調査プラント
何とか、今年調査が始まった地熱調査のプラント事務所へ辿り着き、そこで暖をとらせていただき、1時間ほど迎えの車を待つ。

 やれやれの1日であった。文明の利器に頼りすぎるのも考えもので、最後はやっぱり自分が頼りと実感の時であった。

by kinchan


道路の表土が流され川状態に